過失割合決定もサポートする大阪の交通事故弁護士

大阪には、交通事故問題を専門に取り扱う弁護士がいます。


大阪の交通事故弁護士は交通事故で被害者となった方を親身にサポートしていて、例えば過失割合の決定においてもアドバイスをしています。


過失割合というのは、事故の発生時に当事者のそれぞれにどのぐらいの落ち度・不注意があったかを数字で示すものです。



交通事故の被害者は怪我の治療費や物損の修理また買い替え費用、休業による収入の損失、精神的な苦痛などに対して相手に賠償請求できます。
実際にいくら相手に支払ってもらうかは当事者どうしの話し合いである示談交渉で決定しますが、被った損害額のうち自分の過失割合分は差し引いて賠償請求することになります。


この仕組みが、過失相殺です。過失相殺の仕組みにより、自分の過失割合が大きいほど賠償請求できる金額が減ってしまいます。
過失割合についても、賠償請求の内容や金額とともに相手方との話し合いである示談交渉で決定します。

暮らしを豊かにしてくれるビジネスジャーナル情報収集ができます。

大阪の交通事故弁護士は被害者に代わって示談の話し合いにあたり、被害者が損をしないように賠償内容の交渉を進めます。過失割合については、交通事故発生時の警察の実況見分の内容を参考に決定されます。



大阪の交通事故弁護士は、事故が発生したらできるだけ早く、可能であれば警察の実況見分の前には交通事故の法律相談をするように勧めています。大阪の交通事故専門弁護士は、被害者の味方という立場に立って過失割合の決定についても丁寧に助言をしています。